レクリエーションのプロ?レクリエーション介護士を目指す | YUMEXIA エッセンシャルワーカーのための情報サイト
エッセンシャルワーカーのための情報サイト
「ユメシア」
YUMEXIA

レクリエーションのプロ?レクリエーション介護士を目指す

介護の仕事には実際利用者様の身体に直接触れて行う介護だけでなく、レクリエーションの実施・提供も含まれています。

介護の写真

現在介護の現場で働く方の中には、「レクリエーションの企画や運営が苦手」「何をすればいいのか悩んでしまう」など、レクリエーションに対して苦手意識があり、負担に感じている方も多いのではないでしょうか?

研修や座学で学ぶことのほとんどが介護全般の知識や技術の講習であり、実はレクリエーションについて深く学ぶ機会はあまりありませんよね。

レクリエーションは企画から実施までにとても時間がかかり、運営に当たってはリスク管理についてもじっくりと検討する必要がありますが、予備知識もないまま、当日ヒヤヒヤしっぱなしでレクレーションの担当をしているという声も上がっています。

そこで今回は、2014年に誕生した資格「レクリエーション介護士」についてご紹介いたします。

レクリエーション介護士とは

一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会が2014年に設立した比較的新しい民間資格です。1級と2級に分かれており、介護施設においてレクリエーションの企画・実施ができる人材育成のための資格ですとなっています。

資格が生まれた背景
これまでレクリエーションについて学びたい・学ぶ必要があると感じている介護士や介護事業所が多くある反面、学べる機会が少ないのが現状でした。そのため実際に現場でレクリエーションを担当している介護士の中には予備知識なしで実施している、というケースも多くあります。

レクリエーション介護士を取得することで。高齢者の方ひとりひとりに合ったレクリエーションを立案し、安全に実行することができるようになります。

高齢者ひとりひとりに合ったレクリエーションを実施するためにはまず、ご本人が歩んできた人生の歴史や背景を理解することも求められます。ただ楽しいことを考えるのではなく、高齢者の方の喜びや生きがいなどの前向きな感情を持っていただけるような関わり方が期待されます。

レクリエーション介護士の仕事内容

レクリエーション介護士はほとんどの場合介護施設等で働く介護士が現場で行うレクリエーションの実施時に、学んだ知識を役立てています。

レクリエーション専任ではなく、現場の介護職員として働きながらレクリエーションの企画立案や実施を任せられているケースがほとんどです。

当たり前ですが介護士の仕事は介護が必要な高齢者の身体介護だけではありません。

デイサービス等の通所系施設や、特別養護老人ホーム等の入所系施設では、あらかじめ1日のスケジュールの中にレクリエーションの時間が組み込まれていることがほとんどです。

レクリエーションと一言でいっても、対個人で行うものや集団で行うもの、施設の中で簡単な準備で実施できるものから場所の予約が必要なお花見など、大掛かりな行事の計画を任されることもあります。

どちらにしてもどのようなレクリエーションを行うのか事前に考え、施設内で協議し実施する必要があります。また、レクリエーションが終了したらおしまいではなく、様々な観点から振り返りを行い、また次のレクリエーションに繋げて行くのです。

レクリエーション介護士になるために




介護士が車椅子をおす写真

先述したとおり、レクリエーション介護士には1級と2級があります。

まずは2級を目指そう!
レクリエーション介護士2級は、保有資格や年齢、経験問わず誰でも受講することのできる資格です。通信もしくは通学のどちらかを選び学習を始めます。

通信講座ではテキストとDVDを用いて学習を進め、添削課題と在宅筆記試験をクリアできれば資格取得となります。

通学講座ではレクリエーション介護士の認定講座を実施している大学や専門学校に通い、添削課題と在宅筆記試験をクリアすることで取得が可能です。

通学といっても12時間ほどの講座となっており、目安としては2日で修了可能な講座となっています。

レクリエーション1級
受験資格はレクリエーション介護士2級を保有していることです。その他年齢制限や経験年数の指定はありませんが、講座が開催される日に、心身ともに健康であることが条件です。

レクリエーション2級は通信講座でも受験可能でしたが、1級は指定の会場へ行き、受講する必要があります。アイスブレイク体験や必須講座を受講したり、フォローアップ研修の受講を受けたのち、現場実習と筆記試験を合格し、修了となります。

得られる知識

2級ではまずレクリエーションの基本的な技術、必要な考え方を学ぶことができます。高齢者との関わり方も学ぶため、介護士に限らずボランティア活動や家族の介護を行う方の役にたちます。

1級では高齢者一人一人に応じたレクリエーションの企画立案・実施する力が身につきます。所属する施設や事業所の介護理念や方針に合わせてレクリエーション実施ができるようになり、応用力も高まります。

介護の現場において、身体介護だけでなく心を動かすケアは非常に大切です。レクリエーションによって前向きな気持ちになったり、生きがいを見つけたり、意欲が高まるケアにつながると、高齢者の方の生活の質向上につながります。 介護の資格には様々な資格があります。レクリエーション介護士は経験や年齢、学歴を問わずに取得可能で、現在介護のお仕事をされている方の役に立つ資格となっていますので、キャリアアップを目指したい方は資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

= あなたのおすすめの記事はこちら =

こちらもおすすめ

Share

  • facebook
  • Twitter