自分を成長させるHappyレシピ Vol.14 好きなものに囲まれる | YUMEXIA エッセンシャルワーカーのための情報サイト
エッセンシャルワーカーのための情報サイト
「ユメシア」
YUMEXIA

自分を成長させるHappyレシピ Vol.14 好きなものに囲まれる

みなさん、こんにちは!タレントの芦田純子です。

タレントの芦田様

自分を甘やかす、いかがでしたか?

前回お伝えした内容は「自分を甘やかす方法」について。2022年が始まってあっという間に半年。ここらで少し立ち止まって自分自身を甘やかそうというお話でした。前回記事を未読の方はぜひこちらからご覧ください。

本音が出てこない

前回の記事を読んだ方からこんな感想をいただきました。

「自分を甘やかすなんて考えたこともなかった。ぜひやってみようと思ったけど、自分の声を聴こうとしても本当にそれが自分の声なのか自信がなくて・・・」

とのことでした。自分の心の声とは?これで合ってる?やりたいことって?自分の好きなものってなに?と思われた方もいらっしゃったようです。

常識・意見・流行にとらわれていませんか?

このようなこと、実はよく耳にします。「やりたいことをやりましょう」「好きなものに囲まれましょう」といってもそれがどんなことかピンとこないと。

TV、インターネット、SNS・・・様々な情報があふれている現代、好きを見つけるにはもってこいだと思いますが、発信側や多数派に影響されることも多々あると思います。

一般的に素敵だといわれているもの

一般的に良いといわれているもの

流行っていると話題のもの

そのようなものが悪いわけではありません。それらに興味を惹かれるなら良いのですが「みんなが言うから」「流行ってるから」「かっこいいから」という、ほかの人の目線が入っているものはあなたの本心とは限りません。

ここからはあなたの本当の「好き」「興味」「わくわく」を引き出すものを見つけるきっかけ・コツをお伝えしていきます。

自分の好きを見つけるコツ

子供時代を思い出す

子供のころなぜか好きだったもの。子供のころなぜか楽しかったこと。子供のころわくわくしたもの。音楽でもダンスでも旅行でも・・・なんでもいいのです。

子供、特に小学校低学年くらいまでは、一般的な評価に基づくことなく「自分の好き」という本心に忠実です。「かっこいい」「かっこ悪い」「遅れてる」などいわれることがないのですから。

他人の目を気にしなかった時代、あなたは何にわくわくしていましたか?思い出せない場合はアルバムに目を通してみたり、ご家族に聞いてみるのもいいでしょう。

目をキラキラさせていた対象を思い出すのにもってこいですよ。

※ちなみに私は「化石」「歌」「ダイオウイカ」「石器」が大好きでした。

雑誌を手あたり次第読んでスクラップ

おすすめなのはサブスクで月々定額でたくさんの雑誌を読むことができるサービス。普段本屋さんの雑誌コーナーで手にしないものも気軽に読むことができます。

その雑誌を片っ端から(タイトルや表紙が気になるものを)読んでいきます。そこでわくわくしたもの・場所などをリストアップ。もし紙媒体で読んでいらっしゃるならスクラップもいいですね。

私は基本はサブスクでwebで読み、そこで気に入った何冊かは紙媒体で購入するのでそこからスクラップにしています。リストやスクラップをみると、あなただけの完全オーダーメイドの、わくわくメニューリストの出来上がりです。

>>私の場合はその時行きたい旅行先・食べたいものがよくリストに上がります。

本屋さんで好きなジャンルを見つける

雑誌をたくさん読むことと少し通じるものがありますが、これをやるのは大規模書店でやることをおすすめします。大きな書店さんは、本棚をジャンル・カテゴリごとに分けていますよね。そのジャンルがあなたの好きを見つけるヒントになります。

大きな書店さんに行き、フロアマップを見てみます。そこで気になるな~というジャンルにGO!そこに行くとさらにそのジャンルが細分化されています。そのジャンルがきっとあなたのわくわくを作るヒントになりますよ。

>>私は「ライフスタイル」ジャンルからの「天然」「エコ」「田舎」にわくわくします。

好きが明確になったらどんどん身の回りに置く

さあ、そうしてあなたの「好き」「わくわく」が見えてきたら、できる限りそれらと接している時間、囲まれる時間を増やしましょう。場所であれば行く計画を立て、ものであれば購入計画を立て(もしくは購入し)、ライフスタイルであれば実践します。

正解不正解のあるものではありません。1つしかダメなものでもありません。実際身の回りにおいてみて、ライフスタイルに組み込んでみて「なんか違う」と思ったらやめたらいいのです。

あなたの好き、わくわく、本音を引き出し、好きなものだけに囲まれる秘訣は「軽やかに」「直感的に」見つけていくのが大切です。

>>私の場合はアロマが気になり試したけどなぜかあまりピンとこず、今はお香にドはまり中です。

今日のまとめ

今日のテーマは「好きなものに囲まれる」。いかがでしたか?

忙しい毎日だからこそ、本音が出てきにくい社会だからこそ自分自身の心の声をしっかり聴いていただきたいと思い、今回のテーマを執筆させていただきました。

医療従事者の方、毎日たくさん頑張っている方へ、少しでも何か気づきや刺激となっていたらとても幸いです。今こうしてこの記事を読んでくださっている方へ、全力の感謝を込めて。

タレントの芦田純子

今後の連載記事でこんなこと聞きたい!などありましたら

お気軽に下記SNSからDMください。

芦田純子 

Instagram  https://www.instagram.com/jumy_as/ 

Tiktok https://www.tiktok.com/@jumy_as

Twitter https://twitter.com/JUMY416235001

その他レギュラー情報などこちら https://lit.link/junkoashida

この記事を書いた人

ワンピースの女性の写真

芦田純子

タレント・インスタグラマー

松竹芸能所属。30歳までガリ勉地味OLだったが、体調不良を機に退職。その後なりたい自分を模索しながら芸能活動を開始。人脈・経験などゼロから活動スタートするものの、体当たりの挑戦や発信内容が共感を呼び、現在Instagramフォロワー4万人以上。いくつからでも人は変われる、をモットーに発信活動を続けている。

=芦田純子さんの前回の記事はこちら=

=あなたにおすすめの記事はこちら=

Share

  • facebook
  • Twitter