呼吸が出来ると、くびれが出来る。スキマ時間に出来る身体リセット方法。 | YUMEXIA エッセンシャルワーカーのための情報サイト
エッセンシャルワーカーのための情報サイト
「ユメシア」
YUMEXIA

呼吸が出来ると、くびれが出来る。スキマ時間に出来る身体リセット方法。

ユメシアをご覧の皆さん、こんにちは!美容トレーナーのユカです。前回は、【呼吸でお腹痩せ】について書かせて頂きました。とても反響があり、嬉しいです!

私は、東京赤坂をメインに女性専門のパーソナルトレーナーをしています。

「今までどこに行っても、何をしても体が変わらなかった」

「エステに行っても、パーソナルでも、整体でも変わらなかった」

「これはもう年齢によるものなの?」

と、諦めかけていた方が、最後の神頼みのように、入口を叩いてくださる方が多いです。

なぜ、今まで変わらなかったのか

今までの体の使い方のまま、得意な筋肉だけを使い「ふん!ふん!」と限界突破トレーニングをしていても、体は変わりません。

私はまず、その人の癖(くせ)を見て、その癖をゼロにすることから始めます。

癖が抜けないコトには、いくらトレーニングしても体は変わりません。癖は、日々の習慣で作り上げられます。トレーニング習慣があっても体が変わらない人ほど、癖が強いようですね。癖をゼロにし、フラットな状態にしてからトレーニングをすると、今までの筋トレも、効果の感じ方が全然変わってきます。

今日お伝えしたいことは、体の使い方の癖で、多くの方が陥っている“肋骨パッカーン”です。これを”リブフレア”(フレアスカートの裾のようなイメージ)と言います。

リブフレアは、どうしてなるの?

「リブって、どこですか?」

「肋骨です」

リブロースって美味しいですもんね(笑)つまり、あまり可動しないので、脂肪が溜まりやすいということなんです。だから、リブロースは美味しいし、カルビも美味しいんです(笑)

ハラミもジューシーですよね。ハラミは横隔膜です。牛も人間も一緒で、動きが悪くなりやすいのです。横隔膜(ハラミ)は、肋骨の下にテント状に立っている筋肉です。

背中側は、背骨に肋骨がくっついています。「背中がいつも痛い・・」という方は、大体リブフレアしていることが多いようです。

・背中が硬い

・肩が凝る

・呼吸が浅い

・反り腰

・体幹が弱い

上記のような症状があれば、リブフレア状態になると言えるでしょう。背骨と肋骨はくっついています。ですので、背中にくっついている筋肉と肋骨にくっついている筋肉、関節を繋いで守る靭帯。

それらは、可動が悪いために脂肪とくっついてしまいます。これらがぐちゃぐちゃに癒着を起こすと、背中が動きづらくなります。全身硬い方は、全身に癒着があるかもしれませんね。背中が動き辛い、でも、体は動かさなければいけません。私達は、毎日動かなくてはならないのです。

そこで起こるのが、代償動作。動く際に、体の違う部位がカバーするコトを言います。体にとっての1軍が動こうとしなければ、2軍3軍を用意しなければならない。その2軍3軍を使用した結果が、肋骨パッカーンです。

リブフレアになると何がいけないの?

先程も書いたように、フレアしてしまうと、

・背中が硬い

・肩が凝る

・呼吸が浅い

・反り腰

・体幹が弱い

というコトが、体に起こります。これらが起こるコトにより、体は疲れやすく、活性酸素を体に溜めやすくなります。でも、いつだって新鮮な朝を迎え、新鮮な空気をたっぷりと吸い、背筋を伸ばし、そして周りに優しく、清く、自分に厳しく生きたいものですよね!

↑筆者の主観あり(笑)

背中が硬く、リブフレアしている方は、肋骨と骨盤の距離が近くディスタンス(距離)が保てていません。ということは、“くびれ”が無い状態になります。くびれが欲しい方は、腹筋を鍛えるよりも先に、肋骨と骨盤のディスタンスを保てるように、エロンゲーションしてあげましょう。

・エロンゲーションとは

エロンゲーションとは、伸び・伸張という意味です。体を伸ばす動作を利用した、トレーニング方法です。(国際エロンゲーション・トレーニング業界文書参照)

隙間時間に!

肋骨が閉まり、くびれメイクができる一石五鳥ワークがあります。まずは、肋骨を触って広がり感や丸さをチェックしましょう。

1.両腕を上げ、肘を曲げ、両腕を持つ

2.そのまま鼻から息を吸い、上げた肘を天井に向かって更に1cm程伸ばす

3.息を吐きながら、そのまま横に倒れる(側屈)

4.側屈したまま、鼻から息を吸いながら前に少し倒れる(肋骨が下を向くように)

5.息を吐きながら、側屈したまま天井方向を向く(肋骨、胸が天井に向くように)

1〜5を、左右10回ほどやってみましょう!肋骨が引き上がり、「あれ?自然とくびれが現れたかも!」と思ったら、効果が現れた証拠です。やり方が分からないと言う方は、私のインスタグラムをチェックしてみて下さい。

日々の習慣で大切なコトや、トレーニング動画なども載せています。

https://instagram.com/yuka_mochizuki_?utm_medium=copy_link

体は癖をゼロベースにして、ちょっとした新習慣を取り入れてあげることで、全然違ってきますよ。まずは1週間、続けてみましょう。3週間毎日続けられたら、それはあなたの習慣になったというコト!呼吸の入りやすい、毎日が生きやすくなる肋骨へ。体をしなやかに保てますように!

この記事を書いた人

望月 ユカ


 美容インストラクター

東京赤坂をメインに女性専門のパーソナルトレーナーとして活動、全身美容矯正、小顔矯正等も行っている。

こちらの記事もおすすめ

大阪の派遣会社比較サイト(外部サイト)

Share

  • facebook
  • Twitter