地域住民が主人公の公共事業を全国へ。ワークショップなどを通じて住民の意見集約。「つながりなおす」ことが地域の力の向上に。 | YUMEXIA エッセンシャルワーカーのための情報サイト
エッセンシャルワーカーのための情報サイト
「ユメシア」
YUMEXIA
山崎 亮
コミュニティデザイナー

地域住民が主人公の公共事業を全国へ。ワークショップなどを通じて住民の意見集約。「つながりなおす」ことが地域の力の向上に。

あなたのお仕事について具体的に教えてください。

コミュニティデザイナーです。聞きなれない言葉かもしれませんが、公園や公民館などといった公共施設の設計・デザインに際し、実際にそれを利用する立場である住民の声を反映させることをコミュニティデザインといいます。言葉自体は1960年代にアメリカで誕生しましたが、当初は「ニュータウンの中にどのような形で道路を引いたらいいか」など、文字通りコミュニティを物理的にデザインするという意味合いでした。今のような定義で用いられるようなったのは80年代からです。

私は2000年頃よりこの仕事を始め、これまでに行政からの依頼で、全国で約200のプロジェクトに携わってきました。地域住民とともにワークショップなどを重ね、設計や計画をまとめていくのは数年がかりという根気がいる仕事です。

この仕事を始めたきっかけを教えてください。

もともとは設計事務所に勤務し、行政からの委託を受けて公共施設の設計・デザインを行っていました。公園を例にとると、担当課の課長から「こうした遊具を導入して欲しい」「全体的なデザインはこうしてもらいたい」といった意見・要望を受けて設計するのですが、実はその課長自身は他の自治体に住んでおり、その公園を全く利用しない立場だった、というケースがありました。このように公園を利用する住民のニーズが全く反映されてないケースがあることに疑問を感じ、ワークショップなどを通じて住民のニーズを引き出し、それをデザインに反映させていく必要性を実感しました。

2005年に自身の事務所studio-Lを設立し、現在は大阪・東京の2拠点で活動しています。最近では、実際の施設の設計・建設という「ハード」を伴わない、イベントや祭り、街づくりのプラン作成といった、地域住民を主体とする良質なコミュニティ形成を目的にしたコミュニティデザイン事例も増えてきています。イベントプランナーとコミュニティデザイナーの違いは、そのイベントに地域住民が「お客さん」として受動的に係わるのか、「活動者」として能動的に係わるのか、という点です。

あなたの強みは何ですか?

「対話力」です。コミュニティデザインの主役はあくまでも地域住民です。私は本来であれば黒子に徹しないといけない立場です。しかし、実際に住民に集まってもらいワークショップの場などで「どのような公園がいいですか」と意見を出してもらおうと思っても、なかなかスムーズに出て来るものではありません。それは「意見を持っていない」のではなく「自分が率先して口火を切るのははばかられる」「自分の意見が受け入れられなかったら恥ずかしい」などの遠慮などによるものです。そういうときには、私は率先して喋って、住民が気軽に意見を発しやすい雰囲気を作りだしていきます。そうした「火付け役」としての能力については長けているのかもしれません。

また、コミュニティデザインは「アイスブレイク」「ワークショップ」「チームビルディング」という3つのステップを経て行われます。地域によって住民の年齢層、地元に対する意識、住民間の交流の密さなど様々な違いがありますので、それぞれのステップで用いる手法を使い分けなくてはなりません。ここで誤った手札を切ってしまうと、住民間で意見の対立を生んだり、プロジェクトそのものに地域全体で反対されてしまったりと良くない結果につながりかねません。

当社には私を含めて20名ほどのスタッフがいますが、全体で「アイスブレイク」「ワークショップ」「チームビルディング」それぞれに100種類ぐらいの手法を身に付けています。100×100×100で100万通りの手法の中から、その地域の現状や課題に見合った最適なものを提供し、住民全員が納得する形でプロジェクトを進めていける「引き出しの多さ」が強みです。

あなたの使命とは何ですか?

「地域の人たちが『つながりなおす』ことで、地域の人たちが住みやすい場所を生み出す」サポートをすることです。例えば「ママ友」「同じ職場」などの人間関係は、その人のほんの一部分を介してつながっているだけです。相手の経歴、得意なことなどのパーソナルな部分については知らないことも多いのではないでしょうか。ワークショップなどを通じて、これまでの関係や今の立場・肩書きにとらわれずに新たな気持ちで人間関係を構築することで、新たな気づきが生まれ、これまでできなかったことの実現が可能になるのではないでしょうか。

最後にあなたのこれからの夢を聞かせてください。

全国の自治体の中でもコミュニティデザインの重要性を認識していないところはまだまだあります。また、認識していても熱意がある一担当者がインターネットなどで調べて我々に依頼してくることが多く、その担当者が人事異動で他部署に行ってしまうと、コミュニティデザインへの取り組みが白紙に戻ってしまうケースがあります。まずは一つでも多くの自治体にコミュニティデザインの必要性について認識してもらい、公共事業に際しては導入することを原則化してもらうようにすることです。

また、これは仕事とは直接関係ありませんが、私自身が設計士でありながらコミュニティデザインに係わるようになってから「自分でものをつくる」機会が減ってしまいました。そこで最近は陶芸をしたり、絵を描いたりと形があるものの制作に時間を割いています。こうした創作活動に力を入れていきたいと思います。

OTHER INTERVIEW
パラ競泳
自らの「特異性」を認識し、受け入れることで自分が輝けるフィールドを発見。「泳ぐ姿」を見てもらうことで、障がい者に対するバイアスをゼロに
富田宇宙
パラ競泳選手 
とっぴー社長
目指すは現代版の「めぞん一刻」管理会社と住人の「顔が見える」マンションづくりを通じて、地域ぐるみで元気に、ハッピーに
豊田泰隆
株式会社KOTOYA 株式会社e‐建物管理 代表取締役
犬童一利
LGBTQ、介護、発達障害…誤解されやすい人たちにスポットを当て映画に
「笑っていない人に笑って欲しい」
犬童一利
映画監督
Read More
佐々木淳
その人の「より良く生きる」を支えるのが医師の役目
2035年までに全市町村に在宅医療体制の構築を目指す
佐々木 淳
医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長
認知症に関する正しい知識や対応方法を1人でも多くの人に
アウトプット力重視した人材養成で 介護職の存在が地域の安心につながる社会に
渡辺哲弘
きらめき介護塾代表取締役 一般社団法人きらめき認知症トレーナー協会代表理事
大学生のときに介護ロボットメーカーを創業
テクノロジーの力で介護スタッフやケアラーの負担を減らし 笑顔に
宇井吉美
株式会社aba 代表取締役CEO
「日の当たらない」「自信がない」人こそが社会の主人公
漫画の力で1人でも多くの人を明るく・元気に
くさか里樹
漫画家
「歌うこと」は、人と人の心を結びつける最も簡単なツール
「上手く歌える」喜びを多くの人に体感してもらい、社会を豊かに
柳光絵
カラオケ100点ボイストレーナー・モテ声プロデューサー
介護業界を「能動的な体質」にしたい!
情報誌・イベント・講演・SNSなど様々なツールで介護の「今」を発信
「暮らしの中に普通に介護がある社会」目指す
瀬口雄一郎(ノッポさん)
株式会社クレセント代表取締役・一般社団法人全国健康介護協会代表理事・株式会社セイホー取締役