産婦人科という新しい命の現場には、奇跡が存在する。経営側という形で、母と子、家族の絆作りに地域医療として貢献していく。 | YUMEXIA エッセンシャルワーカーのための情報サイト
エッセンシャルワーカーのための情報サイト
「ユメシア」
YUMEXIA
片岡みどり
医療法人あかね・レディースクリニック専務理事/株式会社Greenmoon代表取締役/ミセスジャパン2018日本大会グランプリ

産婦人科という新しい命の現場には、奇跡が存在する。経営側という形で、母と子、家族の絆作りに地域医療として貢献していく。

—あなたのお仕事について具体的に教えてください。

医療法人 有床の産婦人科クリニック、美容皮膚科・皮膚科・婦人科クリニックの経営と、給食管理、不動産管理、個人カウンセリング業務会社の代表取締役を務めています。

—この仕事を始めたきっかけを教えてください。

2003年に産婦人科クリニックを開業しました。院長夫人として建設の段階から経営陣として関わり、法人を設立。途中、離婚という大きな人生の山に直面しましたが、その後、医師ではない立場の医療経営者として法人名を変更し現在、10年目を迎えることが出来ました。普通の主婦で3人の母だった私の大きな転期は、開業・離婚・経営という20年間に凝縮されています。

—あなたの強みは何ですか?

1人の母として、女性としての目線です。スタッフと共に現場に関わるコトで、臨機応変な判断力と交渉力が身につきました。何より、それぞれの立場に必ず立ち、客観的に判断し、寄り添うという感性を大事にしています。

また、“ミセスジャパン”と言うページェントでは、2018年度日本大会、世界大会とグランプリを頂戴しました。私自身の人生の 内省・確認・肯定が出来た得難い体験でした。辛く苦しいコト、幸せなコト、この人生全ての体験こそが、私の得難い強みでもあり、持ち味だと思っています。

—あなたの使命とは何ですか?

産婦人科という新しい命の現場には、全てのコトを一瞬にして幸せにしてくれる【赤ちゃんの産声】と言う、奇跡が存在します。医療従事者でもない私が、経営という形で、母と子、そして家族の形という絆作りに、地域医療として社会に貢献出来るコトは、感謝でしかありません。生まれ来てくれて有難う。この言葉の本当の意味を考えさせられる人生が、天命なのかもしれません。

—最後にあなたのこれからの夢を聞かせてください。

人生とは、それぞれの生き方に寄り添い、喜ばれる自分になって行く旅だと思います。還暦を迎える私が、心に思う生き方のひとつです。これからは、それぞれの心に寄り添えるカウンセラーとしての学びを、深めたいと思っています。

OTHER INTERVIEW
認知症に関する正しい知識や対応方法を1人でも多くの人に
アウトプット力重視した人材養成で 介護職の存在が地域の安心につながる社会に
渡辺哲弘
きらめき介護塾代表取締役 一般社団法人きらめき認知症トレーナー協会代表理事
大学生のときに介護ロボットメーカーを創業
テクノロジーの力で介護スタッフやケアラーの負担を減らし 笑顔に
宇井吉美
株式会社aba 代表取締役CEO
「日の当たらない」「自信がない」人こそが社会の主人公
漫画の力で1人でも多くの人を明るく・元気に
くさか里樹
漫画家
Read More
「歌うこと」は、人と人の心を結びつける最も簡単なツール
「上手く歌える」喜びを多くの人に体感してもらい、社会を豊かに
柳光絵
カラオケ100点ボイストレーナー・モテ声プロデューサー
介護業界を「能動的な体質」にしたい!
情報誌・イベント・講演・SNSなど様々なツールで介護の「今」を発信
「暮らしの中に普通に介護がある社会」目指す
瀬口雄一郎(ノッポさん)
株式会社クレセント代表取締役・一般社団法人全国健康介護協会代表理事・株式会社セイホー取締役
地域住民が主人公の公共事業を全国へ
ワークショップなどを通じて住民の意見集約
「つながりなおす」ことが地域の力の向上に
山崎 亮
コミュニティデザイナー
政治経験全くのゼロで国政に挑戦、衆議院議員に。介護事業経営者の経験生かし、医療・介護業界のイノベーションを進め、持続可能な社会保障制度の構築目指す
一谷勇一郎
衆議院議員
女性の写真
NMB48から女優の道へ。「常にポジティブ」思考で、映画・舞台に係わる人すべてを笑顔に。「女性に憧れられる女性」が理想の女優像
近藤里奈
女優
女性のプロフィール写真
書道は最も手軽な創作活動・自己表現。筆で字を書く楽しさを次の世代に伝え、伝統工芸の保護を「書道美術館」を通じて全世界への魅力発信を目指す
真澪
書道家