想像できる範囲の夢は、必ず叶えられる。絵を通し、自分の生き様を世に伝えていきます。 | YUMEXIA エッセンシャルワーカーのための情報サイト
エッセンシャルワーカーのための情報サイト
「ユメシア」
YUMEXIA
桜井 智
ペンシルアーティスト
ペンシルアーティスト桜井智

想像できる範囲の夢は、必ず叶えられる。絵を通し、自分の生き様を世に伝えていきます。

—あなたのお仕事について具体的に教えてください。

仕事ではないのですが、鉛筆で絵を描いて過ごしています。

そもそも、作家にとって“絵”とは何なのか? 収入を得るための方法でもなければ、遊びでやっているわけでもない。少なくとも私にとっては生き様なのです。つまりマスターベーションのように自己満足で一方通行の発信手法とも言えます。なかには誰かのために描き上げるだとか、この部屋に飾ってほしいだとか、そういう想いで描く作家もいます。描く理由は、人それぞれ違って良いと思います。

私は、今まで生きてきたなかで感じたこと、自分がどうありたいか、そういったことを一方的に知ってもらいたい、そんな自己中心的な考えで絵を描いています。共感してもらえたら、買ってもらえたらラッキーという感覚なんですね。

—この仕事を始めたきっかけを教えてください。

さかのぼれば13〜14歳のころ、勉強もせずに毎日学校の机をキャンバスにして絵を描いていました。家でも、時間を忘れて夜が明けるまで描く日々。

その後、美大へ進学したのですが、絵を仕事にするということがどうしても結びつけられず、アートから完全に離れて13年が経ちました。自分らしい生き方とは何か? 本当は何がしたいのか? どんな人生を歩んでいきたいのか? そういったことを考えるチャンスが訪れた1年半ほど前に、絵への想いが再燃し、描き始めました。

—あなたの強みは何ですか?

アートの部分でいうと、自分だけの表現方法で絵が描けることです。どんな作品でも「桜井 智の絵だとわかる」、そう言っていただけるのが、最大の強みだと思います。

精神的な部分でいうと、良く言えば軸がブレない、悪く言えば「我が強い」です。マイナスに働くこともありますが、マイペースと捉えることで、大切なマインドだと思うようにしています。

—あなたの使命とは何ですか?

絵を通して自分の生き様を世に伝えること。そして、後悔のない生き方をして、子どもに生き生きしている姿を見せることです。

—最後にあなたのこれからの夢を聞かせてください。

一言では書き切れませんが、私は、30年後までの“人生スケジュール”を書いています。そこには、今はまだ叶うはずもないようなこともたくさん書いていて。でも、自分が想像できる範囲の夢は必ず叶えることができるので、実現させるためにはどうしたら良いのかを考えて、より細かいタスクリストを作り、行動に移して過ごしています。

この先に何があるのかというと、より多くの人に知ってもらうために世界中に発表の場を作りたいと考えています。そもそも日本と世界、というように二分化させることはナンセンスだと思いますが、それほどに日本と世界のレベルは違うと言われています。例えば、とあるアートフェアに日本人が出られる確率は、ほぼ0%だなんていう話を聞くほどです。

その原因はさまざまにありますが、ひとつの要因として日本人作家の上昇志向が低いことが挙げられます。私は上昇志向がないと生き残れない別の畑で13年間過ごし、その後やはり絵を描くことが本当に大好きなんだと気が付きました。

だからこそ、アートの扉はもっともっと自由に開かれていたら良いと思いますし、それによってひとりでも多くの人に絵に興味を持ってもらえたら、と思います。

HP

https://www.sakuraitomo.site

Facebook

https://www.facebook.com/PencilArtist.TomoSakurai/

OTHER INTERVIEW
西林涼子さん
外見の悩み・コンプレックス解消で性格も前向きに。医療を通じ 皆がポジティブに暮らせる社会を実現
西林涼子
医療法人 優桜会 りょうこ皮ふ科クリニック院長
大阪府柏原市市長 冨宅正浩
「日本一災害に強いまちづくり」目指し、柏原市の舵取りに日々奮闘!ケースワーカーの経験が「一人ひとりの声を聞く政治」の原点
冨宅正浩
大阪府柏原市市長
パラ競泳
自らの「特異性」を認識し、受け入れることで自分が輝けるフィールドを発見。「泳ぐ姿」を見てもらうことで、障がい者に対するバイアスをゼロに
富田宇宙
パラ競泳選手 
Read More
とっぴー社長
目指すは現代版の「めぞん一刻」管理会社と住人の「顔が見える」マンションづくりを通じて、地域ぐるみで元気に、ハッピーに
豊田泰隆
株式会社KOTOYA 株式会社e‐建物管理 代表取締役
犬童一利
LGBTQ、介護、発達障害…誤解されやすい人たちにスポットを当て映画に
「笑っていない人に笑って欲しい」
犬童一利
映画監督
佐々木淳
その人の「より良く生きる」を支えるのが医師の役目
2035年までに全市町村に在宅医療体制の構築を目指す
佐々木 淳
医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長
認知症に関する正しい知識や対応方法を1人でも多くの人に
アウトプット力重視した人材養成で 介護職の存在が地域の安心につながる社会に
渡辺哲弘
きらめき介護塾代表取締役 一般社団法人きらめき認知症トレーナー協会代表理事
大学生のときに介護ロボットメーカーを創業
テクノロジーの力で介護スタッフやケアラーの負担を減らし 笑顔に
宇井吉美
株式会社aba 代表取締役CEO
「日の当たらない」「自信がない」人こそが社会の主人公
漫画の力で1人でも多くの人を明るく・元気に
くさか里樹
漫画家